ブログ

★ 不動産会社が、メルマガで収益を挙げる為に知っておくべき3つの原則    《IT技術や反響の取れるホームページ、最新マーケティング理論を用いて不動産業界の現状を打破する方法》

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジンの書き方に関心があるあなた、こんにちは。
株式会社レコ コンサルテイング本部です。
メルマガを発行している不動産会社は多いですが、あなたの会社でも
メルマガを発行しておられますか?
そして、メルマガから収益を挙げておられますか?

一般的にメルマガというと、こんな感じですよね・・・

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   レコ不動産販売メールマガジン(3月号)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
────────────────────────────────────────
このメールは弊社メルマガ会員に登録いただいた方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
────────────────────────────────────────
◆オープンハウス4箇所同時開催
レコ不動産販売では来る●月●日、大阪市内に於いて4箇所同時でオープン
ハウスを開催します。
気になる方は要チェック!!
【阿倍野会場】
http://www.reco-05.jp/archives/4759
【天王寺会場】http://www.reco-05.jp/archives/4759
【都島会場】http://www.reco-05.jp/archives/4759
【東淀川会場】http://www.reco-05.jp/archives/4759
◆当社リフォーム相談会大盛況
レコ不動産販売では●月●日、リフォーム相談会を開催し、多くのお客様に
ご来場頂きました。来月の開催予定は●日ですので、会員様で興味がお
有りの方は、お電話で予約の上、ご来場下さい。

 

・・・まぁ、一般的な「不動産会社のメルマガ」とは、こんな感じです。
あなたの会社のメルマガは如何ですか?
こんなメルマガを書いていたんでは・・・お金に繋がる筈がありません。

少し大切なお話しをしますが、メルマガを「顧客サービスの一環」と捉え
ておられる不動産会社さんが多いのですが、それは大きな間違いです。

メールマガジンとは、強力な営業ツールの一つであり、儲からないメル
マガなんかは、書いている時間が無駄ですよ。

 

ここから、実際にあった例を元にお話させて頂きます。
レコがコンサルをお任せ頂いている大阪市内の不動産仲介会社様で、
「売り顧客」向けのメルマガを送って頂きました。

この不動産会社様は、レコのコンサルが入る前もメルマガを発行して
おられたのですが、今回はちょっと変わったメルマガにして貰ったのです。
結果は下記の通りです。

【今までのメルマガ】
月に1回5000名の会員に発行して
問い合わせは年間1~2件

どうです、全然効果が違うでしょ?
ここで実際に反響の取れたメルマガの内容を、掲載させて頂ければ良い
のですが、それはコンサル契約に反しますので、反響の取れるメルマガ
を書く為の3つの原則をお伝え致します。

【レコのお勧めしたメルマガ】
1700名の会員に発行して
問い合わせは2件(共に受託予定)

【原則その①】
普通のメールと同じように書き、メルマガっぽく「枠囲い」をしない

【原則その②】
お客様の属性分けを細かくし、お客様の層によって文章を変える

【原則その③】
続き物になったメルマガを連続して毎日送る

原則その①の「普通のメールのように書く」と言う点ですが、今のお客様
は「メルマガ馴れ」「メルマガ疲れ」を起こしておられますので、いかにも
「メルマガ」って感じのものでは読まれなくなって来ているんです。
あなたはご存知でしたか?

原則その②の「属性分け」ですが、これも肝心です。
不動産会社では、「売り」「買い」「賃貸」くらいの属性分けしか行わず、ドッ
と同じ文面のメルマガを配信したりしますが、これでは訴求力が弱まりま
す。
「属性分けなんて、時間も手間もかかるから面倒だ」
と言う会社は、メールマガジンを発行する資格がないと言って良いでしょう。

最後に原則その③「連続しておくる」に関してですが、これは昨今有効だと
言われているステップメールを採用するのが良いでしょうね。
(ステップメールをご存じない方は、検索してみて下さい)
「毎日なんて送ったら失礼じゃないの?」と仰る方も多いのですが、失礼じゃ
ない内容のメルマガを送れば良いだけです。
つまらないメルマガを送る方が、よっぽど失礼ですよね。

あなたの会社で送っているメールや、あなたが日常送っているメールを、
一度、見直してみられては如何ですか?
毎日、お客様にダイレクトメールを送り続けるのは大変ですが、毎日、
メールをお送りする事は、やれないことはないですから。
一度、頑張って「メールに営業」をさせてみて下さい。

どうしても、どう書いたら良いか分からない場合は、info@reco-05.jp
宛に、あなたのいつも送っておられるメルマガを貼り付けて、株式会社
レコ コンサルティング本部宛で送って下さい。
1件のみにつき、無料で添削させて頂きます。
尚、本添削サービスは申込者多数の場合、打ち切らせて頂く場合が
ございますので、一度、0120-050-175までお電話くださった上
でお申し込み頂けると助かります。

 

では、今から0120-050-175にお電話の上info@reco-05.jp
まで、あなたのメルマガをお送り下さい。
問い合わせを激増させる自信がございます。

 

 

追伸

本文では3つの原則と申しましたが・・・実はもう1つあるんです。
4つめの原則とは「タイトルに気をつける」って事なんです。
これも、結構深い話しになりますので、0120-050-175まで
お電話頂きお問い合わせ下されば、コツをお教えしますね。
あっ!!別にinfo@reco-05.jpまで、メールを下さっても結構ですよ。

ちなみに・・・このサービスも無料です。
今すぐ、お問い合わせ下さいね。待ってます。

 

>>>95のエピソードが実証する不動産会社が儲ける方法はコチラです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る