ブログ

★ 「住宅チラシは必要か?」不動産会社が陥りがちな、広告に関する間違った9つの考え方 【反響の取れる不動産広告作成法】

株式会社レコ 広告制作ノウハウ小冊子

※2105年2月27日追記

「住宅チラシは必要なのか?」
「もう紙広告は効果が無いのか?」
あなたのそんなお悩みにお応えすべく、弊社コンサルティング本部のサイトに「不動産業に携わる方が知っておくべき反響が獲れる不動産広告の作成方法とは?」との記事を公開しました。

結論から申し上げますと、やり方さえ間違えなければ、紙広告もまだまだ捨てたものではございません。
では、下記からあなたの気になる記事を見つけて頂き、今すぐクリックして見て下さい。(尚、各「住宅チラシは必要なのか?」に関する記事は、弊社コンサルティング本部運営のサイトに掲載されており、下記一覧は、その記事へのリンクになります。)

    買反響獲得広告のヒント(チラシで買い反響を獲るには)

【動画公開】不動産広告・住宅チラシで反響を取る為のヒント

 

「住宅チラシは必要か?」

このような質問を3日に1回は不動産業者様から
受けますが、あなたは、どう思われますか?

この質問にお答えする前に、不動産業者が陥り
勝ちな「チラシについての間違った考え方」を

箇条書きでお示しいたします。

【間違った考え方①】
「ターゲット=折込エリア」という、マーケティング無視の考え方

不動産の営業マンに「今週末の広告のターゲットは誰ですか?」と尋ねると
結構な確率で「この折込エリア3万世帯です」という返事が返ってきます。
それは「折込エリア」であって、「ターゲット」とは言いません。
ターゲットとは、その掲載物件を買うと思われる「想定顧客像」ですから。
>>>ターゲットを「読書が趣味の方」に絞った広告実例はコチラ

【間違った考え方②】
全ての人は潜在的に「不動産に関心がある」という思い込み

不動産業に長く従事していると、広告反響は次のようなプロセスを辿ると
考えてしまいがちです。

【折込数】30,000部
【内、少しでも不動産に関心がある人】5,000人
【内、当社の広告を手に取ってくれる人】3,000人
【内、当社の広告をじっくり見てくれる人】1,000人
【内、当社の広告に関心を持ってくれる人】300人
【内、当社の広告に問い合わせてみようかなと思う人】30人
【内、当社の広告に実際に問い合わせてくれる人】5人

このように、広告を見るお客様は何層にも階層訳されていると考え勝ちです
が、今のように市場が冷え込んでいる中にあっては「30,000人に5人しか
いないターゲットに向け訴求力の高いチラシを打つ」事が大切になります。
>>>訴求力の高いライティング(文章の書き方)はコチラ

【間違った考え方③】
チラシを毎週入れれば、会社の認知が広がるという都市伝説

「チラシを毎週入れていれば、お客さんが家を買いたい時、売りたい時に我社を
思い出して下さり、我社に問い合わせしてくれる」
と仰る不動産会社は多いですが、あなたもそう思われるんじゃないでしょうか?
確かにお客様の潜在意識に「不動産なら〇〇株式会社」と刷り込む事が出来れ
ば、こんなに素晴らしい事は無いですが(これを「マインドシェア率」等とも呼びます)、
しかし、これを行うためには「週に1回」の折り込み広告だけでなく、テレビCMや
ラジオCM、駅の看板や、タウン誌への掲載等、莫大な広告費がかかります。
つまり・・・これだけの広告活動が出来ないのなら、「チラシを毎週入れれば、会社
の認知度が広がる」なんて効果測定不可能な都市伝説は捨て去るべきですよね。

【間違った考え方④】
公取の規制があるから、変わった広告は出来ないという錯覚

「訴求力のあるキャッチコピーをチラシに入れて下さい」と申し上げると、「そんな
公取規制にかかるんじゃないですか?」とのご質問を受けます。
なにも「早い者勝ち」「激安」って書けとい言っているわけでは無く、ターゲットに
響く文言を入れるだけなのですが・・・。
「キャッチコピーに力を入れる」と聞いた途端に「早い者勝ち」等を思い浮かべて
しまう不動産業界の現状は、憂慮すべきものがあります。
>>>キャッチコピーがあるチラシと、無いチラシはこんなにも反響が違う!!

【間違った考え方⑤】
「三連休の真ん中は反響が少ない」といった、根拠不明な伝説

これは・・・特に説明の必要はないですね。
このように「誰が言い出したか根拠不明な伝説」に騙されないようにしてください。

【間違った考え方⑥】
「今の家賃と比べて下さい」という、他人任せのキャッチコピー

「月々返済例78,956円 現在のお家賃と比べて下さい」
ってコピーは、日本全国のいたる所で目にします(誰が広めたんでしょうか?)
しかし、「比べて下さい」って事は、その物件の判断を「お客様」に一任しちゃっ
てるって事ですよね。それに・・・比べてどうするんですか?
「何言ってんの!!お客様が現在の家賃と比べて安いと思ったら、問い合わせして
くれるじゃないか」という声が聞こえて来そうですが・・・
それならば「現在家賃を8万円以上払っておられるあなた。この物件を今から
見に行きませんか?」の方が良いと思いませんか?
判断をお客様に任すのでは無く、こちらから「お客様の行動」を指示すべきなんです。
>>>この方法で反響が取れた広告事例はコチラ

【間違った考え方⑦】
文章の多いチラシは見て貰えないという、勝手な信仰

「文字が多い広告は、お客様に見て貰えない」と仰る不動産プレイヤーは多いです。
では「どうしてそう思うのですか?」とお尋ねすると「僕なら、そんな広告見ないから」
という返事が返ってきます。
この「僕なら見ない」「私は嫌い」って台詞、結構な頻度で耳にするんですが・・・ご自
身が嫌いだから効果が無いと言う、そんな根拠のない話をマーケティングに持ち込ま
ないで下さいね。
>>>文字ばっかりでも反響の取れるチラシの実例

【間違った考え方⑧】
そもそも本当は「反響なんて来る筈無い」という諦め

日曜日の夕方、事務員さんに「今日、広告反響有った?」と聞く営業担当者。
「いいえ、ありませんでした」と答える事務員さん
「そっかぁ・・・無かったかぁ。厳しいなぁ」と俯く営業担当者。
こんな光景が、あなたの会社でも見られるんじゃないですか?
しかし、広告反響が無かった時、本気で悔しがっていますか?
実は内心「やっぱり無かったかぁ」と思っていませんか?
この<諦め>が実は一番怖いんです。諦めてしまうと広告の効果測定や、
失敗した広告の検証をしなくなってしまいますからね。

【間違った考え方⑨】
チラシかネットか・・・という不毛な議論

チラシとネットと、どちらを活用すべきか?
これも、其々の特性を無視した不毛な議論だと思います。
確かに「下町系」のエリアでは広告が強く、「新興住宅地系」では、ネットが効
果的といった違いも若干はございますが、やはり「ネット」と「チラシ」の特性を
良く把握して、其々に取り組むべきです。

「ネット」が能動的媒体であるのに対して、「チラシ」が受動的媒体であること
は良く知られていますが、そんな難しい事では無く、実務的な話をさせて頂くと
「ネット」は1件の問い合わせ獲得単価が安く、コンスタントに反響を取れるとい
う利点がある反面、「今月後1本決めたい」月末なんかに、案件を捻出する事
は出来ません。

その点「チラシ」はネットに比べて問い合わせ獲得単価は高いですが、「即案即決」
「1本釣り」と呼ばれる短期決戦が可能ですから、「今月後1本」という時に、
凄く頼りになる存在です。

・・・っと、思わず「住宅チラシは必要か」というテーマに対する答えを、殆ど話してしま
いましたが、住宅チラシ(不動産紙広告)の存在意義は、今の段階では下記の通りです。

住宅チラシは、 即案即決(1本釣り成約)を目指すために存在する

元々チラシは、前述のとおり「受動的媒体」ですから、反響は取りにくいものなんです。
その「受動的媒体」から「即決」を引き出そうとすれば、単なる物件情報の羅列では
無く、お客様の感情を揺り動かすような紙面作りが必要になるのは、ご理解頂けますよね。
>>>反響の取れるチラシ作りを学ぶ方法はコチラ

もしあなたが、上記9つの間違いに気づいて下さり、「反響の取れる住宅チラシ」を作りたい
とお考えなら、2時間だけ無料でレクチャーさせて頂きます。
「無料」だからって手を抜かず、あなたの広告反響が少なくとも4倍になるよう、お手伝いさせ
て頂きますね。
又、この無料レクチャーに際しては、本ブログの最初に画像を掲げております、弊社小冊子
「不動産業に携わる者が広告を作る時、必ず机の上に置いておくべき小冊子」を用いて、
お伝えしますので、楽しみにしていて下さい。

それでは、下記問い合わせフォームを開いて頂き、最下部にある「問い合わせ内容欄」に
【住宅チラシ無料相談希望】とお書き頂き、お申込み下さい。
それでは後程、お電話でお話致しましょう。

【クリックして、住宅チラシの無料相談を申し込んでみる】

2012年5月30日追記

弊社コンサルティング本部長の自己紹介ページをご覧下さい。

【売買仲介業者様向けノウハウ集】
広告集客編はコチラをクリック
ホームページ集客編はコチラをクリック
メール追客編はコチラをクリック
空地空家調査ノウハウ編はコチラをクリック

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

不動産集客・追客でお悩みならお任せ下さい
株式会社レコ コンサルティング本部

電話:0120-050-175
Emai l: kajimoto@reco-05.jp
(受付時間:平日10時~19時)

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

【あなたのお悩みを解決する方法があります】
■ブログでSEO対策を行った事例紹介
http://www.reco-05.jp/archives/6404

■「学校区名」での無料SEO対策
http://www.reco-05.jp/archives/6449

■リニューアル後1ヶ月でアクセス2倍のHP
http://www.reco-05.jp/archives/6442

■物件ページに載せる「担当者コメント」とは
http://www.reco-05.jp/archives/6420

■新築・仲介・管理、其々の業態別HP制作のコツ
http://www.reco-05.jp/archives/6391

■新築分譲現場ランディングページとは
http://www.reco-05.jp/archives/6116

■不動産業とPPC広告
http://www.reco-05.jp/archives/6080

■物件の魅力に頼らずに反響を呼ぶHPの秘密
http://www.reco-05.jp/archives/6051

■効果的で簡単なメール追客方法
http://www.reco-05.jp/archives/6036

■反響の取れる不動産広告の作り方
http://www.reco-05.jp/archives/5755

■反響の取れたキャッチコピー実例紹介
http://www.reco-05.jp/archives/5714

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
相談は無料です。今すぐお電話して下さい。
株式会社レコ コンサルティング本部

電話:0120-050-175
Email : kajimoto@reco-05.jp
(受付時間:平日10時~19時)

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る