ブログ

◆制作費が高いか安いかは、お客さんの利益で決まる。 【お客さん目線の不動産集客ホームページ制作/大阪】

 

堀江のオフィスにて
from:山本貴央

 

20110714  セミナー写真 121

 

ホームページを制作するにおいて、
価格に関する質問をよく頂きます。

実際、それって難しい部分でもありますね。
なぜなら、お客さんによってその価値観が違うからです。

もう最初から予算が決まっているとか、
取り合えず作り替えたいだとか、
おまりお金をかけたくない。

 

あるいは・・

 

お金をかけてもいいから、これぐらいの成果を手に入れたい、
チラシやポータルサイトやSEOなどに無駄なお金をかけずに
自社サイトの充実に意識を高めて注力していきたいなど・・

 

ホームページというもについての位置づけが
お客さんによって十人十色だというのが現実です。

 

そこで、私はいつも同じコトをお伺いします。
あなたの「目的」や「手に入れたい成果」はなんですか?と。

もし、安く作ったとしても、その「目的」や「ゴール」が
達成できないのであれば、それはドブに捨てたのと同じ。

 

たとえ30万だったとしても戻ってくることはありません。

 

もし、少しお金をかけてでも、その「目的」や「ゴール」が
達成できて余りあるモノであるとするならば、
それは決して高い買い物ではないと云えるでしょう。

 

私のお客さんや、周りを見ている限り、
上手く行っている不動産会社に共通することは

「目的」や「ゴール」をしっかりと持って、
日々の運用に手間暇や愛情をかけて自社のサイトを
育て、価値を高めていく努力を続けている。

ただ、シンプルにそれだです。
なぜなら、ホームページも人間と同じ「生き物」だからです。

 

つまり、安く作ることが目的なのか、
成果を得ることが目的なのか。

先ずはそこを明確にする。

そして、もし後者なのだとしたら
それが手に入れることが出来るの否か。

制作会社にはそこを確認すると良いでしょう。
値段が高いの安いのかは、そこで決まるということです。

 

お客さんに利益を提供するノウハウがない制作会社は
安さをウリに話しをされるでしょう。

お客さんに利益を提供するノウハウがある制作会社は
「使用価値」ではなく、「体験価値」を伝えようとするでしょう。

 

因みに弊社(レコ)は後者です。
ですので、お客さんのためになるモノをご提供します。

お客さんのためにならないモノを、ただ安く提供するのは苦手です。
そこに価値を感じていないから、とも云えます。

 

何を手にいれたいのか。
何が手に入るのか。

 

ホームページを作る時には、先ずはそこをしっかりと考えましょう。
安いモノはそれなりです。 良いモノは安くはない。

普通に考えれば分かりますよね。
簡単なコトです。

 

 

【インフォメーション】

まだ少し先になりますが、4月13日(金)14:00〜16:00
不動産webマーケティングセミナーを東京で開催します。

ご要望のご期待に添えるよう、セミナーでしか聞けない
本質的なお話しさせて頂きますので、
ご都合の合う方はぜひご参加ください。

普通のweb制作会社が教えてくれないコトをお伝えします。
これからの事業に役に立つことは間違いないでしょう。

大阪は3月23日(金)14:00〜16:00の開催予定です。

セミナーの申し込みはこちらをクリック。

 

 

 

 

P.S. ありったけの意気込みと、たっぷりの想いをご用意下さい。

           あと、ご予算もしっかりと。。。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社レコ
代表取締役   山本貴央

〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2 サンワールドビル9F

無料相談のお問い合わせはこちから → http://www.reco-05.jp/contact/

電話でじっくり相談してみたい方は 0120-050-175 (10:00〜18:00)

社長直通ダイヤルは  090-1590-2412

【フェイスブックページはこちらへ】→ https://www.facebook.com/recoweb

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Realestate consulting  ■□■

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る