ブログ

◆チラシ広告でもっと集客したい! そんなあなたへ。 【不動産集客と反響が取れるホームページ制作/大阪】

北堀江のオフィスにて
from:山本貴央

2012-05-22 20.03.26

「チラシの反響が全然ですわ・・・」

最近は大手も含めて、この悩みが多い様子です。

なぜ、チラシの反響が減っているんでしょう?

考えられる理由は複数あるかと思います。

例えば、、

・家を探している年齢層が新聞を購読していない

・情報洪水の現代社会、そもそも広告は見られない

・欲しい情報は自分で検索して探せる状況になってきた

・ターゲットが絞り込めていないため、訴求が弱い

・八方美人なコピーにより、万人に無視されている

・不景気による所得やモチベーションの低下

などなど、色々と考えられるでしょう。

社会的な背景やインフラの状況が変化しているのは

誰にでも分かることです。

であればこそ、今までの常識を疑ってみることも

場合によっては必要になることでしょう。

分かりやすく云うと、、

「みなさ~ん」と呼びかける広告は、

「みなさん」に無視されてしまうのです。

あなたは、そう思いませんか?

もし自分が、呼びかけられる方の立場だったら

どうでしょう?

具体的に云うと、、

1, みなさん、おはようございます。

2, 不動産関係のみなさん、おはようございます。

3, ○○不動産にお勤めのみなさん、おはようございます。

4, ○○不動産にお勤めの田中さん、おはようございます。

いかがでしょう?

あなたは、どの呼びかけに振り向きますか?

そうです。

つまり、ターゲットは絞れば絞るほど、

振り向いてもらえる確率は上がるのです。

これ、分かります?

その物件の売りは何ですか?

その物件を買うと思われるのは、どんな人ですか?

どんな問題や願望を持っている人が、その物件に興味を持つでしょう?

まずは、これらをよくイメージして、

その人に呼び掛けるようなコピーを考えてみる。

もう、八方美人はモテません。

あなたがラブレターを書くときには、

ある特定の人をイメージして書きますよね?

チラシも、同じようにしてみてください。

その物件を買えるのは当たり前ですが一人だけ。

そして、もちろん不動産業ですから

物件を売っているのは間違いないのですが、

本当に売るべきものは、不動産というモノではなく、

その物件を購入することで得られるコトを売るのです。

つまり、モノ(使用価値) < コト(体験価値)

あなたも、そう思いませんか?

従来どおりのやり方を否定するものではありませんが、

色々と生活者目線で考えてトライ&エラーを繰り返し

実験をしながら、答えに近づいていけると良いですね。

「ちょっと相談に乗って欲しい! そんなあなたへ。」

こちらをクリックして、お気軽にお声掛けください。

あなたにお会い出来ることを楽しみにしています。

1328463629707

P.S. ホームページは、あなたの分身です。

安すく作るのはもったいない、と思いませんか?

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社レコ
代表取締役   山本貴央

〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2 サンワールドビル9F

無料相談のお問い合わせはこちから → http://www.reco-05.jp/contact/

電話でじっくり相談してみたい方は 0120-050-175 (10:00〜18:00)

社長直通ダイヤルは  090-1590-2412

【フェイスブックページはこちらへ】→ https://www.facebook.com/recoweb

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Realestate consulting  ■□■

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る