ブログ

◆伝わる文章や広告をつくりたい時にするべき、たった一つの質問とは?【不動産webマーケティング&コンサルティング/大阪】

北堀江のオフィスにて
from:山本貴央

伝わりやすい文章を書きたい時や、心が動くチラシ広告を
作るときに、便利な質問があるのをご存知でしたか?

それは・・

「だから、なに?」 英語で云うと、「So What ? 」

自分に対して、この言葉を繰り返し、質問してみるのです。

抽象的な内容の場合、他人事になりますが、
具体的であれば、ヒトは自分事に感じるものです。

自分の書きたいことや、伝えたいことだけを書こうとすると、
伝えたいことが漠然としてくることって結構ありますよね?

大切なことは、それを手に入れた時のライフスタイルや、
その時の情景をイメージさせて上げること。
そうすれば自分が主人公になり、購買意欲や行動意欲が高まるのです。

そう、購入前のワクワク感みたいな感じですね。

例えば、よく見かける例として・・

・浴室窓つき
・対面キッチン
・小中学校が近い
・南向き
・日当たり良好
・オープンルーム開催中
・この週末、分譲開始  etc

、というような機能説明の羅列。

そんな時こそ、「だから、なに?」と自分に質問してみるのです。
なぜかというと、相手(お客さん)がそう感じているからです。

もしあなたが、不動産業界の人でも、不動産会社のスタッフでもなく、
純粋な素人で、一般の生活者だとしたらどうでしょう?

「だから、なんなの?」と思いませんか・・(笑)

伝わるメッセージというのは、以前のブログにも書きましたが、
「Me」メッセージではなく、「You」メッセージでなければいけません。

簡単に云うと、主語は誰なのか? ・・ってことです。
これは(Me)ではなく、あなたは(You)ですね。

機能や概要の説明より、その効果やメリットを教えてあげる。

自分の云いたいことより、相手が知りたいこと。
あなた(お客さん)にとってのメリットを、
しっかりと教えてあげるといいですね。

具体的にアドバイスが欲しい方は、ぜひお声がけください。
この夏、きっとあなたも新たな「気づきに」出会える・・

例)お掃除ロボット ルンバの広告キャッチコピー
“これは、自由な時間をプレゼントすることでもある”

機能や特徴をツラツラと書くのではなく、端的にメリットが書かれていますね。

P.S. 「質」の高い問い合わせを取るために。

安すく制作するよりも、日々の作業が報われるモノをご提案します。

値段は、お客さんの利益で決まるモノですから…

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社レコ
代表取締役   山本貴央

〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2 サンワールドビル9F

無料相談のお問い合わせはこちから → http://www.reco-05.jp/contact/

電話でじっくり相談してみたい方は 0120-050-175 (10:00〜18:00)

社長直通ダイヤルは  090-1590-2412

【フェイスブックページはこちらへ】→ https://www.facebook.com/recoweb

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Realestate consulting  ■□■

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る